C’BON(シーボン)とは

多くの女性が日常的に使っている化粧品ですが、どのようなものを望むのかは人それぞれですが、中でも望まれるのが安全性と品質でしょう。使用するごとに健康被害が生まれるような商品を欲しがる人などいませんし、それとは別に、より美しい肌へと導いてくれるものを探しているはずです。では、そんな商品を生み出すこだわりを持っている企業はどのようなとくちょうがあるのでしょうか。

■使用する水について
肌に直接触れるものだからこそ、化粧品は素材にこだわるべきだという声も上がっています。中でも、水は生命の源でもあり生物の基礎を作り上げているものとなります。いくら高品質なものを作ったといっても、そのベースとなる水が汚染されていたり、体に害があるものだったら使う気になれないと言われても仕方がないでしょう。

C’BONでは化粧品にはハイクオリティな水が欠かせないという考えを持っています。そのため、原水を何回も何回も精製して磨き上げているのです。さらに、そのブラッシュアップされた水が再び汚染されないように調合の直前まで80度という高温で保っています。このように水ひとつ取ってもこだわりが詰め込まれているため、シーボンの化粧品はクオリティが高く安全性も信頼が持てると言われています。

■品質について
化粧品はそれぞれのラインが独立していてはいいものが作れません。勝手な判断や思い込みで動くことによって製品の品質が変わってしまったり、場合によっては人体に悪影響が出る可能性があります。そのため、安定した製品づくりにおいて、研究や開発・製造ラインは一貫して行われるべきだという意見もあるほどです。

C’BONは販売しているスキンケアアイテムにおいて全て自社製造で一貫しています。研究の段階から開発、製造までを管理しているため、その間で齟齬が発生しにくいというメリットがあります。また、化粧品づくりに対しても強いこだわりを持ってるシーボンは、素材の成分やその組み合わせ、配合の比率に関しても妥協を許せません。その研究者のこだわりが直接品質に影響しているのです。

■こだわりのポイントとは
化粧品づくりの命は水だと言われることがあります。なぜなら、生物の大半は水で作られているからです。化粧品に使われている水が低いクオリティであれば、その化粧品自体の質が決まってしまいます。C’BONは化粧品の水を何段階も磨き上げているだけでなく、その水を高温でキープして汚染を防いでいます。このような対策をしているため安全性が高まるのです。

また、品質についても注目してみましょう。こちらは自社管理された製造ラインで化粧品を作っています。そのため、他の会社が混ざることがないため、責任感がある仕事をすることができるのです。さらに製品の素材選びから調合、成分比率などにも徹底してこだわりを見せています。このようなポイントを押さえているためシーボンは愛されているのです。